男性は料理上手な女性を求めることが多いので、まずは基本の料理を覚えましょう。

MENU

結婚前に習得しておきたい家事

 

結婚するまでに女性ができるようになっておくべき基本の家事をご紹介します。

 

男性は女性に対してある程度理想を持っていることが多いので、どの家事も一定以上こなせるようになっておけば、結婚後がっかりされてしまう、なんてことも防ぐことができますよ!

 

 

料理

 

結婚前に料理を習得した女性

恋愛のハウツーでも「胃袋をつかめ」とは昔からよく言われていますが、実際に女性に対して「料理ができること」を求める男性は多いようです。

 

また、基本的な調理ができ、定番のメニューを一通りつくることができるだけではなく、男性の好みの味付けを覚えることも大切です。

 

自分の好きなメニューや好みの味付けを覚えていてくれていることに喜びを感じる男性は多いので、一緒に食事をする際にさりげなくチェックしておきましょう

 

今はネットを使ってレシピやメニューの組み立て方を簡単に検索することができるので、料理が苦手で今まであまりしてこなかったという方は、自分の好きなメニューをつくることからはじめてみましょう

 

 

掃除

 

一般的に男性は、女性の部屋は綺麗に片付いていて、良い香りがして…というように、理想を抱いていることも多いようです。

 

また、男性の一人暮らしは部屋が散らかりがちなので、自分ではできない掃除を妻となる女性にやってもらいたいという男性は多く、一通りの掃除をそつなくこなせるようにしておくと良いでしょう。

 

部屋の掃除だけでなく、ついついおざなりになってしまいがちなキッチン周りやトイレなど、水回りの掃除も覚えておくと良いですね。

 

 

洗濯

 

結婚前にできるようになりたい洗濯

 

洗濯機を回すだけ、とお思いの方も多いかも知れませんが、素材ごとの適切な洗濯方法シワになりにくい干し方など、意外と普段意識していない方も多いのではないでしょうか?

 

結婚を機にそういったことも覚えておくと、今後家族が増えた時にも役立ちます。

 

 

アイロンがけ

 

特に普段スーツ姿で出勤する旦那様の場合、毎日着るワイシャツにアイロンをかけ、パリっと着心地の良い状態に保ってあげれば、とても感謝されることでしょう。

 

クリーニングに毎回だすよりも経済的ですし、手間もはぶけるので基本的なやり方をおさらいしておきましょう。

 

 

お裁縫

 

古風で奥ゆかしい印象を持たれるお裁縫。
ソーイングセットをさっと取り出してボタンをつけてあげれば、一目置かれること間違いなしです。

 

また、お子さんができた時に雑巾や上履き入れなど、お母さんの手作りでつくる機会もあるため、今から覚えておくと良いでしょう。