彼の親戚にそつなく立ち振る舞うことができるように、冠婚葬祭のマナーを身につけましょう。

MENU

結婚前に習得すると便利なこと

 

挙式や披露宴、新婚旅行に新居への引っ越しなど、結婚の前にはやらなければならないことがたくさんありますよね。

 

その合間に少しずつ花嫁になる準備、奥さんになる準備をはじめておけば、安心して結婚生活をはじめることができますし、旦那様にも「この人と結婚して良かった」と思ってもらえること請け合いです。

 

花嫁修業になる習い事とは?

 

 

家計管理

 

結婚前に習得したい家計管理

 

奥さんが家計の管理をするかどうかは各家庭によって異なりますが、やはりお金の管理ができ、計画的に使える女性を伴侶として迎え入れたいという男性は多いようです。

 

まずはレシートをとっておくところからはじめて、家計簿をつけたことがない人はこの機会に習慣づけましょう!

 

最初は無理のない予算で日々の出費をゆるく記録していくことが、家計簿を継続させるコツです。

 

 

料理の腕

 

なにはともあれ料理ができることに越したことはありません。

 

掃除や洗濯などその他の家事に関してはともかく、料理に関しては妻がするものだと考えている男性は少なくありません

 

また、料理は一朝一夕で上手くなるものではないので、今まで料理は全くしてこなかったという人も、結婚が決まったら少しずつ自炊をはじめ、徐々にレパートリーを増やしていけるようにしましょう

 

 

裁縫

 

中高の授業でやった以来針や糸を触ったことがないという方も多いのではないでしょうか。
ボタンつけなど、基本的なことも意外と忘れてしまっているものです。

 

さらっとおさらいしておくだけで、旦那様のワイシャツのボタンが取れてしまった時など、いざという時にも困りません

 

 

冠婚葬祭のマナー

 

結婚するような年齢になると、他の方の結婚式に参加したり、親戚の葬儀に参列したりといった機会がだんだんと増えていきます。

 

そんな時に彼の親戚に対してもそつなく立ち振る舞うことができれば彼からも、彼のご家族からも一目置かれること間違いなしです。

 

 

貯蓄や保険に関する知識

 

結婚を機に保険を見直す方は少なくありません。

 

旦那様やこれから家族が増えた時、自分の将来のためにも保険や貯蓄に関しての知識をつけておくことは大切です。

 

ついつい旦那様に任せてしまうという女性も少なくありませんが、女性側もしっかりとした意識を持って学ぶ姿勢を持つことが重要です。