結婚前には約300万円~330万円くらいの貯金があると安心です。

MENU

貯金はどのくらいあるといいのか

結婚する前に考えることと言えば、結婚式のこと、新婚旅行のこと、新居のことなどさまざまですが、その全てに共通してかかるのが「お金」
安心して新婚生活を送るために、貯金はどのくらいあるとよいか、見ていきましょう。

 

 

結婚式にかかわる費用

結婚式を挙げている男女

 

結婚といえば、まずは結婚式や披露宴にかかる費用ですね。
場所や式の形態などにも左右されますが、式場で挙げる挙式・披露宴の場合、平均約300万円ほどかかると言われています。
多くの場合、そのうちの半分ほどはご祝儀でまかなうことができるので、挙式・披露宴のためには約150万円かかると思っておきましょう。
さらに、婚約指輪や結婚指輪に約50万円の費用がかかります。
合計すると結婚式にかかわる費用は約200万円ということになりますね。

 

 

新婚旅行

結婚式が終わればハネムーンに出かけるカップルも多いのではないでしょうか?
新婚旅行の行き先や、シーズンにもよりますが、平均で約50万円~70万円の費用がかかります。
上記費用は海外旅行に行った際の平均ですので、行き先を国内にすれば、かなり費用を抑えられます。
また、海外に行く場合も、少しでも費用を抑えたい場合には、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などのハイシーズンを避けるようにすると良いですね。
現地の気候等にも左右されますので、結婚式直後にこだわらず、時期をずらして計画することも検討してみましょう。

 

 

新居や生活費

引っ越しにはどのくらいお金がかかる?

 

結婚前に同棲している場合を除いて、結婚すれば2人で住むための新居に引っ越すことが必要です。
こちらも引越し先の土地でかかる費用は異なりますが、平均50万円~60万円ほどの費用をみておきましょう。
敷金・礼金や家賃にまとまったお金が要るのはもちろんのこと、家具や家電を買い替える場合には、やはり最低でも50万円ほどは必要と頭に入れておきましょう。

 

 

貯金はどのくらいあればよいか

以上のことをまとめると、結婚前には約300万円~330万円の費用がかかることが分かります。
しかし、これらの費用は一度に用意しなければならない訳ではありませんし、両家の家族からいくらか援助がある場合もあるでしょう。
パートナーやその家族とよく話し合ったうえで、費用についてまとめると、必要な貯金も事前に把握できますね。

 

また、一度に用意するのが難しい場合には、引越しを先にすませ、貯金が溜まってから結婚式や新婚旅行を計画するのも良いと思います。
費用自体を抑えたいときには、結婚式のスタイルを変えたり、新婚旅行を国内の近場にしたりというような工夫をしてみましょう。

 

とはいえ、結婚を控えるカップルにとって、お金を貯めるのは時間がかかることと思います。
ゆとりのある新婚生活を始めるために、貯金については結婚が決まったらすぐにでも始めた方がよいでしょう。

 

お金の他にも仕事や親の事など結婚前に確認しておくべきことは他にもあります。
後悔しない為にも婚前に話し合っておくことが大切です。